バセドウ病に対する内視鏡下甲状腺亜全摘術16例の経験  [in Japanese] Endoscopic Subtotal Thyroidectomy in Patients with Graves' Disease : A Review of 16 Cases  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

石井らが考案した前胸部アプローチ法による内視鏡下甲状腺手術は前頸部に手術瘢痕を残さず, 整容的にも優れた術式である。われわれはバセドウ病に対して前胸部アプローチ法による内視鏡下甲状腺亜全摘術16例を経験したので, その手術手技の工夫と手術成績について報告する。前胸部に3本のトロッカーを挿入し, 5mmHgの炭酸ガスを送気, 前頸部に操作腔を形成した。血管処理や甲状腺の切除には超音波凝固切開装置を用い, 残存甲状腺重量が2~4gの甲状腺亜全摘術を行った。摘出甲状腺重量が104gの1例では頸部切開下手術に移行した。内視鏡下手術完遂例の平均手術時間は266.5分, 平均出血量は106.0mlであった。創部は下着に被覆される状態で患者の整容的満足感は極めて高く, 特に患者が希望する場合には, 本術式はバセドウ病治療の有力な選択肢になりうると考えられた。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 261-264, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008562269
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top