肝嚢胞腺腫の1例  [in Japanese] A Case of Hepatic Cystadenoma  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は71歳, 男性。主訴は腰痛。血液検査にて, 肝機能は正常, 腫瘍マーカーの上昇は認めなかった。腹部CT, 超音波検査, MRI検査で肝外側区域に4cm大の隔壁を有する壁在結節を伴う嚢胞性腫瘍を認めた。血管造影では腫瘍濃染像は認めなかった。肝嚢胞腺腫あるいは肝嚢胞腺癌を疑い, 肝外側区域切除術を施行した。摘出標本で肝嚢胞腺腫と診断された。肝嚢胞腺腫は稀な疾患で, 術前に肝嚢胞腺癌と鑑別するのは困難であり, また悪性化するという報告もあるので積極的な外科的切除が必要である。

Journal

  • Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons)

    Nihon Gekakei Rengo Gakkaishi (Journal of Japanese College of Surgeons) 26(2), 269-271, 2001-04-30

    Japanese College of Surgeons

References:  8

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008562284
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00002502
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03857883
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top