ラットにおけるネオマイシン, ストレプトマイシンもしくはペニシリンG添加食摂取時のビート食物繊維による血漿コレステロール低下作用の変化  [in Japanese] Changes in the Hypocholesterolemic Effect of Beet Fiber in Rats Fed Diets Supplemented with Neomycin Sulfate, Streptomycin Sulfate or Penicillin G Potassium  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究はピートの食物繊維 (BF) の盲腸内発酵および腸内細菌によるBFの発酵産物が, BFの血漿コレステロール低下作用に関与しているかどうかを調べることを目的とし, 異なる種類の抗生物質をラットに投与することにより, 盲腸内細菌叢を変えたとき, 血漿コレステロール濃度がどのように変化するかを検討した。さらに盲腸内に直接試験物質を投与できるように消化管手術を施したラットを用い, BF摂取ラットの盲腸内容物の各画分を投与して血漿コレステロール濃度に及ぼす影響を検討した。コレステロール無添加食時のBFによる血漿コレステロール低下作用について下記のことが示唆された。<BR>1) 飼料にネオマイシン硫酸塩を添加した場合にはBFによる血漿コレステロール低下作用が認められたが, ストレプトマイシン硫酸塩またはペニシリンGカリウム塩を添加した場合にはこれが認められなかった。<BR>2) 盲腸内短鎖脂肪酸 (SCFA) 量と血漿コレステロール低下作用の間には相関性が認められなかった。<BR>3) BFの血漿コレステロール低下作用と糞中の胆汁酸量との間には相関性がなかった。<BR>4) BF摂取ラットの盲腸内容物を水溶性画分, 脂溶性画分, 残渣に分画して, FF食摂取ラットの盲腸内に投与したが, BFの血漿コレステロール低下効果は生じなかった。<BR>以上のことからは, 従来推定されてきたSCFAの関与や糞中胆汁酸排泄の関与によってBF作用を説明することができなかった。しかし, 盲腸内への投与方法や投与量などまだ検討すべき問題もあり, BFの発酵産物の関与の可能性はまだ完全に否定できない。

We have previously reported that the fermentation of dietary beet fiber (BF) in the cecum of male Sprague-Dawley rats plays an essential part in the hypocholesterolemic effect of BF. We have now studied the effect of antibiotics on the BF-mediated hypocholesterolemia. Rats were fed a cholesterol-free diet with or without (fiber-free, FF) BF, together with one of the following antibiotics: 0.1% neomycin sulfate (NE), 0.1% streptomycin sulfate (ST) or 0.1% penicillin G potassium (PE). The hypocholesterolemic effect of BF was observed only in rats fed the diet supplemented with NE, but not in rats fed the diets supplemented with ST or PE. Cecal acetate and n-butyrate concentrations together with fecal bile acid excretion, were higher in rats fed the 10% BF diet than in those fed the FF diet. The BF-induced increase in cecal short-chain fatty acids and bile acid excretion were smaller in rats with NE and ST in their diet compared with those with PE in their diet. These results suggest that the fermentation of BF by NE-insensitive bacteria and ST-and PE-sensitive bacteria, may be related to the hypocholesterolemic effect of BF. Cecal infusion of three fractions prepared from cecal contents (water-soluble, ether-chloroform-soluble and residues) of BF-fed rats did not cause any reduction in plasma cholesterol concentration in rats fed the FF diet.

Journal

  • Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 48(6), 459-467, 1995-12-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

References:  27

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008563279
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00311992
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02873516
  • NDL Article ID
    3919293
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-53
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top