合成生命体に向けたバイオ高分子化学からのアプローチ  [in Japanese] An Approach towards Synthetic Micro-organism from Bio-Macromolecular Chemistry  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

有機化学的に合成した非天然アミノ酸や核酸塩基,あるいは人工核酸を生命体の中に導入する手法について述べる。これらの非天然成分を使って生き続け,増殖する生命体は「合成生命体」と名づけてよいだろう。合成生命体には既存の生命体では実現不可能な人工機能の発現が期待され,すでに部分的な成功例も報告されている。

Journal

  • Kobunshi

    Kobunshi 51(6), 438-441, 2002-06-01

    The Society of Polymer Science, Japan

References:  16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008570511
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00084926
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL Article ID
    6173680
  • NDL Source Classification
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-90
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top