12誘導心電図からみた持続性心室頻拍の診断 : Wide QRS頻拍の鑑別診断  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

12誘導心電図における持続性単形性心室頻拍の診断は, wide QRS頻拍から, 変行伝導を伴う, あるいは副伝導路を伝導する上室性頻拍を鑑別することによりなされる.房室解離があれば心室頻拍と診断できるが, 不明瞭なときはQRS波形から鑑別する.その際, V<SUB>1</SUB>誘導の形状から, 右脚ブロック型, 左脚プロック型にわけ, そのV<SUB>1</SUB>やV<SUB>6</SUB>の形状から鑑別する方法が一般的である.その他, 北西軸の電気軸, 左脚プロック+右軸偏位, 胸部誘導におけるQRS波形のconcordanceがみられる場合や, 胸部誘導のすべてでR (r) S型QRSがない所見なども心室頻拍を疑わせる.薬剤を用いる鑑別法もあるが, ベラパミルは心室頻拍例や副伝導路例の血行動態を悪化させるため禁忌である.ATPの急速静注が役に立つこともあるが, 副伝導路が疑われる例には控えた方がよい.また, 身体所見, 病歴や内服抗不整脈薬の内容の聴取も診断に役立つことを忘れてはならない.

Journal

  • Japanese Journal of Electrocardiology

    Japanese Journal of Electrocardiology 22, 5-25, 2002-04-25

    Japanese Heart Rhythm Society

References:  36

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008580857
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00358282
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02851660
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top