有痛性尺骨茎状突起偽関節に対する摘出術の検討 Adequacy of Ulnar Styloid Excision for Its Symptomatic Nonunion

この論文をさがす

著者

    • 水関 隆也 MIZUSEKI Takaya
    • 広島県身障者リハビリテーションセンター整形外科 Division of Orthopedic Surgery. Hiroshima Prefectural Rehabilitation Center
    • 津下 健哉 TSUGE Kenya
    • 広島県身障者リハビリテーションセンター整形外科 Division of Orthopedic Surgery. Hiroshima Prefectural Rehabilitation Center
    • 梶谷 典正 KAJITANI Norimasa
    • 広島県身障者リハビリテーションセンター整形外科 Division of Orthopedic Surgery. Hiroshima Prefectural Rehabilitation Center
    • 谷 祐子 TANI Yuko
    • 広島県身障者リハビリテーションセンター整形外科 Division of Orthopedic Surgery. Hiroshima Prefectural Rehabilitation Center
    • 中前 敦雄 NAKAMAE Atsuo
    • 広島県身障者リハビリテーションセンター整形外科 Division of Orthopedic Surgery. Hiroshima Prefectural Rehabilitation Center

収録刊行物

  • 日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand

    日本手の外科学会雑誌 = The Journal of Japanese Society for Surgery of the Hand 17(1), 70-73, 2000-09-30

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008583982
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10042933
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09105700
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ