テルペノイドによるがん予防  [in Japanese] Cancer Chemoprevention by Terpenoids  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

テルペノイドは, 菌類からヒトに至るまで, 二次代謝産物として生物界に広く存在している。テルペノイドには芳香, 苦味, 辛味や注日すべき生物活性を有する化合物が多く, 香料, 医薬品として用いられるものも多い。発がん予防の観点からも, これまでに極めて多種類のテルペノイドのスクリーニング試験が行われ, 多くの化合物に活性が見出されてきている。また, 幾つかは発がん予防剤として極めて有用であることが明らかにされている。本稿では幾つかのモノー, セスキー, ジー, およびトリテルペン, 並びにステロールの発がん予防効果について述べた。これらテルペノイドは食用植物、茸、及び生薬類の常成分であり、毒性は無いか極めて少ないと考えられる。従って、テルペノイドは発がん抑制物質として有望な化合物群の一つとして期待される。

Terpenoids occur in all major groups of organisms from fungi to humans as secondary metabolites. Terpenoiods have been revealed to possess anti-tumor promoting activities among various biological activities. In this short review, we discuss the antitumor-promoting activities of mono-, sesqui-, di-, and triterpenes, and sterols, resulting from our own and other research groups' investigation. Terpenoids are minor but ubiquitous components of our diet, and are considered to be relatively non-toxic to humans. These compounds, therefore, constitute possible candidates for cancer chemopreventive agents.

Journal

  • Oleoscience

    Oleoscience 2(6), 347-354, 2002-06-01

    Japan Oil Chemists' Society

References:  63

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008584648
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11503417
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13458949
  • NDL Article ID
    6166311
  • NDL Source Classification
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL Call No.
    Z74-C176
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top