神経学的後遺症を残さずに回復した心停止を伴う高度低体温症の一例 A patient recovered from severe accidental hypothermia and cardiac arrest without neurological deficit

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

51歳の女性が自殺目的にクロルプロマジン, フェノバルビタールなど8種類の薬物を服用後発見され, 本院に搬送された。来院時, 直腸温24℃で意識レベルはJCSで300, 瞳孔散大, 対光反射も消失していた。心電図上, 心室性頻拍と心室細動を繰り返した。ただちに気管挿管後, アドレナリン投与, 15回の電気ショックで除細動を行い成功した。復温を開始し, 中枢温が30℃に回復した頃から呼名開眼, 対光反射を認めた。搬入12時間後には体温も37℃に回復し, 脳波も正常となり抜管した。神経学的に後遺症を残さず回復した理由として, クロルプロマジンなどの神経節遮断薬と睡眠薬を大量に服用していたため, 低体温麻酔と同様の状態になっていたことが関与したと考えられた。

A 51-year-old female who had taken a large amount of eight different major tranquilizers and hypnotics for the suicidal purpose was brought to Hachinohe City Hospital. On admission, she presented cardiopulmonary arrest, ECG revealed ventricular fibrillation and her temperature was 24°C. We attempted CPR with endotracheal intubation and after 15 times of countershocks we succeeded in defibrillation. Following successful defibrillation, intensive care including active external rewarming was started. She opened her eyes on verbal command at 30°C and had sinus rhythm at 34°C on ECG tracing. She recovered without any neurological sequelae.<BR>We considered that taking a large amount of major tranquilizers and hypnotics without a heating system induced a hypothermic anesthesia state and it is one reason of recovery without any neurological sequelae.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 20(2), 176-178, 2001-07-20

    日本蘇生学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

ページトップへ