直線偏光近赤外線の星状神経節照射が心電図および心拍変動におよぼす影響  [in Japanese] effects of Linear Polarized Near Infrared Ray Irradiation near the Stellate Ganglion on Electrocardiogram and Heart Rate Variability  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

金沢大学医系研究がん医科LPNIRの星状神経節照射が致死性心室性不整脈の新しい非観血的治療法になるか否かを明らかにする為,左右星状神経節照射の心電図所見および心拍変動に及ぼす影響を検討した.その結果,若年女性群では左右星状神経節照射いずれにおいても心電図諸指標に明らかな変化はなかったが,中年女性群では右側照射によりRR間隔は延長し,左側照射によりQT間隔,QTc間隔は短縮し,QTd,QTcdは著明に減少した.中年女性を対象とした心拍変動への影響でも右側星状神経節照射によりRR間隔は延長し,LF/HFは低下した.LPNIRの左側星状神経節照射により,心拍変動諸指標に変化はなく,照射局所の軽度の熱感がみられるのみで,ホルネル症候群を含め明らかな合併症はなかった.以上から,LPNIRの星状神経節照射は非侵襲的に心臓交感神経機能の亢進状態を正常化させることが予測された原著論文

Journal

  • Journal of the Juzen Medical Society

    Journal of the Juzen Medical Society 110(3/4), 252-262, 2001-08

    Kanazawa University

References:  54

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008620757
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00044397
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00227226
  • Data Source
    CJP  CJPref  NII-ELS  IR 
Page Top