四年半の不規則治療の後に, 未分化群の組織を呈する皮疹をほぼ全身に再燃した境界群(BT)ハンセン病の一例 A Recurrent Case of BT Leprosy with Widely Spread Skin Lesions Showing a Histopathology of Indeterminate Group after 4.5-Years Irregular Treatment, Bangladesh

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は、29才、ベンガル人男性、家族歴では父親がL型ハンセン病を発病している。1990年2月、23才時、両下腿前面と左臀部に知覚脱出を伴う低色素班を、また右尺骨神経と大耳介神経に肥厚を認め新患登録された。菌検査は陰性であった。境界群(BT)として、まずDDS100mg/dayが2週間ずつ2回、計4週間投与されただけで、その後、患者は1992年2月まで約2年間治療を中断した。1992年2月からWHO/MBを始めたところ再び6ヶ月間治療を中断した。しかし、1992年8月からはほぼ定期的にクリニックを訪れ1994年7月に治療を終了した。しかし、unsupervised doseをどの程度服用したかは非常に疑問であった。1992年9月には右尺骨神経炎を起こしたため副腎皮質ステロイド剤を服用した。1995年12月頃よりほぼ全身に新しい知覚脱出を伴う低色素班を生じたため、1996年3月クリニックを再受診した。皮疹の臨床像は境界群(BT)に似ていたが、多数であり、組織検査では、未分化群の像を示した。菌検査は陰性であった。このためRifampicin(450mg)とOfloxacin(400 mg)を28日間投与したところ全ての皮疹の消退を見た。その後、2年半皮疹その他の症状の再発を見ていない。この症例は菌検査が陰性であることより再発(relapse)ということは出来ず、再燃(recurrent)というべきであろう。その理由は不明であるが、ドーマントによる再燃が最も考えやすい。一方、宿主側のらい菌に対する免疫応答の変化をも考慮する必要がある。WHO/MDTの実施に当たっては、菌検査陰性の症例の中でMBに相当する症例にPBを投与した結果と見られる再燃が時々見られる。今回、菌陰性患者でMDT/MBの不規則な服用後の再燃を経験したので報告した。なぜ皮疹の病理組織が未分化群の像を呈したのかは不明であった。今後、同様な再燃例がPB例やMBの中途脱落者の中から起きる可能性があると考えられる。<BR>(この症例報告の要旨は、第69回日本ハンセン病学会総会サテライトシンポジウム(1996年4月岡山市)にて発表した。)

A 29 year-old Bengali male case is presented in this paper which was a borderline tuberculoid leprosy (BT) at detection. His father contracted a lepromatous leprosy of G=2 deformity He took anti-leprosy drugs including MDT/MB regimen irregularly and had maculae widely-spread with anesthesia 16 months after being released from treatment (RFT). The histopathology of the maculae unexpectedly showed that of an indeterminate group of leprosy. The recurrent skin lesions were susceptive to a four-week regimen of Rifampicin and Ofloxacin. This case can not be defined as a relapsed case, because slit skin smears were always negative. It would be called a recurrent case after MDT/MB regimen. Though the reason recurrent skin lesions occur is unknown, it is reasonable to assume that the recurrent lesions are caused by dormant persisters which are originally drug sensitive. The recurrent skin lesions can not be classified because the clinical features can not be matched to their histology. Such recurrent cases might occur among the defaulters of MDT in future.

Journal

  • JAPANESE JOURNAL OF LEPROSY

    JAPANESE JOURNAL OF LEPROSY 68(3), 195-199, 1999-11-30

    Japanese Leprosy Association

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008625858
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10559906
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    13423681
  • Data Source
    CJP  J-STAGE 
Page Top