職場,および家庭におけるストレス要因が自覚的健康度,心理学的健康度に及ぼす影響 THE EFFECTS OF STRESSORS AT WORK AND IN FAMILY LIFE ON SELF-RATED HEALTH AND PSYCHOLOGICAL WELL-BEING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 職場および家庭におけるストレス要因が,個人の自覚的健康度,心理学的健康度におよぼす影響について明らかにすること。<br/><b>方法</b> 35歳以上の T 市職員1,652人に対して平成10年 2 月に行った自記式アンケートの結果を用いた(回収率82.6%)。回答者1,364人のうち消防士143人を除いた男性828人,女性393人を分析対象とした。対象者を,仕事や家庭生活に不満を感じている群と,不満を感じていない群に分類した。それぞれの群において,仕事の要求度,裁量度,支援度,家庭の決定権,親しい人間関係,年齢の差について t 検定を,また,職業分類,趣味の有無,性別について χ<sup>2</sup> 検定を行った。次に,自覚的健康度,心理学的健康度に対する職場および家庭の因果関係について共分散構造分析を行った。<br/><b>結果</b> 仕事や家庭生活に不満を感じている群では不満を感じていない群に比べて仕事の要求度の得点が高く,仕事の裁量度の得点や支援度の得点,親しい人間関係の得点が有意に低かった。また,不満を感じている群では自覚的健康度,心理学的健康度の得点も有意に低かった。職業分類では,事務系,技術系,教員の係長・主任・一般クラスが仕事や家庭生活に不満を感じていた。共分散構造分析では,職場の因子(仕事の要求度,裁量度,支援度,職種,職位,仕事に対する満足感)が個人的因子(年齢,性別,家庭の決定権,親しい人間関係,家庭に対する満足感)に比べて自覚的健康度,心理学的健康度に対して強い因果関係を示した。個々の観測変数の中では,仕事の裁量度,仕事に対する満足感,親しい人間関係,家庭に対する満足感の因果的な影響力が高かった。<br/><b>結論</b> 職場や家庭生活におけるストレス要因が個人の自覚的健康度,心理学的健康度を低くする影響を与えていた。特に,職場の因子,親しい人間関係の影響が高くみられた。職場におけるストレス要因の改善や親しい人間関係の形成が,自覚的健康度,心理学的健康度を改善し,ストレス関連疾患の予防や積極的な健康づくりにおいて重要と考えられる。

<b>Objective</b> This study examined the effects of stressors at work and in family life on self-rated health and psychological well-being.<br/><b>Methods</b> The subjects were civil servants of T City (pop.210,000) aged 35 years and older. In February 1998, a questionnaire survey was conducted (response rate: 82.6%). The 1,364 responders comprised 971 men, including 143 firefighters, and 393 women. Participants. excluding firefighters, were categorized into two groups according to satisfaction with their job and their family life. In these two groups, the stressors at work and in the home was examined. Job demands-control-support score, type of work, job rank, family control and close friends were examined with the t-test, and sex, hobbies and age examined with the χ2 test. This was followed by covariance structure analysis of self-rated health and psychological well-being.<br/><b>Results</b> For the groups dissatisfied with work or family life, the score for jpb demands was higher, and the scores for job control, social support and close friends were lower. The scores for self-rated health and psychological well-being items were also significantly lower.<br/>Covariance structure analysis demonstrated that factors at work had stronger effects. Regarding individual factors, job control, satisfaction with their job or family life and close friends had the greatest influence.<br/><b>Conclusions</b> Stressors at work and in family life result in lower self-rated health and psychological health. In particular, close friends and factors at work exert strongest effects on personal health. It is thus important for the prevention of stress-related diseases and the development of positive healthy life to reduce the work stressors and develop close friendships.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(1), 18-28, 2002-01-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  38件中 1-38件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008646888
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6063132
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ