高齢者における転倒予防介入プログラムの有効性に関する文献的考察 A REVIEW OF INTERVENTION STUDIES FOR PREVENTION OF FALLS IN OLDER PEOPLE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金成 由美子 KANARI Yumiko
    • 福島県立医科大学医学部公衆衛生学講座 Department of Public Health, School of Medicine, Fukushima Medical University
    • 安村 誠司 YASUMURA Seiji
    • 福島県立医科大学医学部公衆衛生学講座 Department of Public Health, School of Medicine, Fukushima Medical University

抄録

 高齢者においては,転倒は大腿骨頸部骨折,入院,寝たきりの原因として良く知られている。転倒予防を目的とした介入は,寝たきり予防,医療費削減の点からも大きな意味をもつと考えられる。<br/> 本研究では高齢者における転倒予防を目的として国内外で行われた介入プログラムについて文献検索を行い,介入の有効性について評価を行った。検索は Medline および医学中央雑誌等のデータベースを利用し,1990年から2000年に報告された文献から,転倒(falls, accident falls),介入研究(intervention, intervention study),費用効果(cost, cost-effectiveness)をキーワードとして検索を行った。諸外国の研究報告から地域居住者,施設入所者を対象に,運動を中心としたプログラム,患者の危険因子に応じた医療,行動等への介入プログラム,環境改善を中心としたプログラムなどさまざまな取り組みが行われていたことが明らかになった。個人の危険因子を検討した上で,内的因子および外的因子に対する介入を行うことは,転倒の発生予防に効果がみられると考えられた。転倒予防プログラムの介入は,転倒発生率の減少の他,費用効果の点からも有効性が示された。日本でも転倒予防を目的としたさまざまな事業・研究が各地で行われつつあるが,有効性を立証した研究報告はみつからなかった。今後,転倒予防に関する事業を広げるばかりでなく,転倒予防の科学的評価を行える研究を推進する体制整備が緊急の課題と考える。

 Falls are a well-known cause of hip fracture leading to hospitalization and bedridden status among older people. Intervention programs for prevention of falls in the elderly may therefor have considerable benefits in reducing disability and health care costs. The available literature on intervention programs to prevent falls by older people was here reviewed, using the Medline and Japana Centra Revuo Medicina databases for 1990 to 2000. The strategy used for the search was "falls of accident falls, intervention or intervention study, and cost or cost-effectiveness". Various types of interventions targeting both community dwelling and institutionalized elderly have been reported from western countries: home modification, exercise programs, and medical and behavioral interventions individualized according to the person's risk factors. Many internal and external risk factors of falls have been identified, and it has been proven that interventions to reduce these risk factors lower the incidence of falls and are costeffective.<br/> Programs and services for the prevention of falls have been carried out in different regions of Japan, but few reports evaluated their effectiveness. Further implementation of falls prevention program should be accompanied by promotion of research in the efficacy area in Japan.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(4), 287-304, 2002-04-15

    日本公衆衛生学会

参考文献:  47件中 1-47件 を表示

被引用文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008647200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6158083
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ