分娩後にケトアシドーシスで発症した1型糖尿病の1例  [in Japanese] Case Reports : A Case of Type 1 Diabetes Mellitus Manifesting Abrupt-onset Diabetic Ketoacidosis after Delivery  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

糖尿病の既往歴が無く, 分娩7日後に糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) で発症した1型糖尿病の症例を経験した. 症例は29歳女性, 2000年3月10日当院で第1子男児を満期産で正常分娩した. 14日から上気道炎症状を認め, 翌15日に尿糖陽性を指摘された. 17日朝から口渇, 多尿, 悪心, 嘔吐が出現し悪化したため入院. 血糖値835mg/d<I>l</I>, 尿ケトン体強陽性, 代謝性アシドーシスからDKAと診断された. HbA<SUB>1c</SUB>は67%と軽度上昇にとどまっていた. 血中・尿中CPRは低値で内因性インスリン分泌能は著しく低下しており, 経過中回復を認めなかった. 入院時Lipase, Elastase 1の軽度上昇を認め, また抗GAD抗体, 抗IA-2抗体などの自己抗体は陰性だった. 本症例を含めて過去に報告された分娩後にDKAで発症した1型糖尿病6例の臨床像は, 劇症1型糖尿病にほぼ合致しており, その成因を考える上で重要と思われた.

Journal

  • Journal of the Japan Diabetes Society

    Journal of the Japan Diabetes Society 45(5), 325-328, 2002-05-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

References:  15

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008700820
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    025094115
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top