電気生理学的に経過を追跡しえたPost-treatment neuropathyの1例  [in Japanese] A Case of Post-treatment Neuropathy  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

雑誌掲載版28歳女.1年前より口渇・多飲・多尿・体重減少で近医に2型糖尿病と診断され入院した.インスリン治療が開始されたが,血糖値の急速な改善と頻回の低血糖とともに両下肢遠位に痺れ,異常感覚が出現し,精査目的で紹介入院した.神経学的には両下肢遠位に感覚障害を認め,神経伝導検査では両下肢に後脛骨神経運動神経伝導速度の軽度低下とF波最小潜時の軽度延長,腓骨神経運動神経伝導速度軽度低下と腓腹神経感覚神経活動電位振幅の低下を認めた.糖尿病性網膜症および糖尿病性腎症は認めなかった.時間の経過とともに症状,神経学的所見および神経伝導検査の改善を認め,6ヵ月後には症状の消失を認め,Post-treatment neuropathyが強く示唆された.神経障害症状のない患者でも血糖コントロールは慎重に行うべきで,同時にsubclinical neuropathyが存在するか否か電気生理学的検査も施行すべきと考えられた

Journal

  • 糖尿病

    糖尿病 45(5), 329-333, 2002-05-30

    日本糖尿病学会

References:  19

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008700836
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    025094143
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  NDL  IR 
Page Top