ピオグリタゾンによりインスリン抵抗性およびインスリン分泌パターンが改善した2型糖尿病の1例  [in Japanese] A Case Report of Type 2 Diabetes Showing the Insulin Resistance and Secretion Pattern Improved after Pioglitazone Treatment  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

79歳女性. 尿糖陽性を指摘され受診. アカルボース300mg/dayの投与でHbA<SUB>1c</SUB>は6.7%から5.6%6へ改善したが, FPGの改善はみられず. FIRI 11μU/m<I>l</I>, 血中遊離脂肪酸 (以下NEFAと略す) 1.4mEq/<I>l</I>と高値であり, インスリン抵抗性の存在を疑いピオグリタゾン15mg/dayの投与を開始した.投与前FPG153mg/d<I>l</I>, HOMA-R4.0, 尿中CPR80μg/day, NEFA 1.4mEq/<I>l</I>, 腫瘍壊死性因子α (以下TNF-α と略す) 7pg/m<I>l</I>であったが, 4カ月投与後, FPG 129mg/d<I>l</I>, HOMA-R1.9, 尿中CPR70μg/day, NEFA1.0mEq/<I>l</I>, TNF-α4pg/m<I>l</I>と低下. 脂質代謝, インスリン分泌パターンも改善. Euglycemic insulin clampでM値は5.0mg/kg/minから10.8mg/kg/minと増加. 腹部臍高CT像で内臓脂肪の減少, 皮下脂肪の増加を認めた. ピオグリタゾンのインスリン抵抗性改善作用にNEFAの低下, 体脂肪分布の変化が関与している可能性が示唆された.

Journal

  • Journal of the Japan Diabetes Society

    Journal of the Japan Diabetes Society 45(5), 335-337, 2002-05-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008700856
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    025094184
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top