2型糖尿病患者と非糖尿病患者の頚動脈内膜中膜複合体肥厚度(IMT)に影響する危険因子の比較  [in Japanese] Co-medical : Comparison of Risk Factors which Affect Carotid Intima-Media Thickness (IMT) between Type 2 Diabetic Patients and Non-diabetic Patients  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

2型糖尿病患者と非糖尿病患者の頸動脈内膜中膜複合体肥厚度 (頸動脈IMT) に影響を与えると考えられる危険因子およびプラーク形成率の違いについて比較した. 対象は頸動脈IMTの検査をし得た 126人 (女性58人, 男性68人; 53.7±77歳) で, これらの患者を2型糖尿病群および非糖尿病群に分け, さらにそれぞれの群を頸動脈IMTが1.0mm以上の肥厚群と, 1.0mm未満の非肥厚群の計4群に分類し, 性別・年齢・BMI・喫煙歴・高血圧の有無・脂質代謝異常の有無について比較した. また, 糖尿病群では血糖値・HbA<SUB>1c</SUB>についても比較した.<BR>非糖尿病群に比し, 2型糖尿病群に頸動脈IMTの肥厚者が多く, 平均頸動脈IMTも有意に肥厚していた. 非糖尿病群では男性・加齢・脂質代謝異常が頸動脈IMT肥厚群に多く, プラーク形成も肥厚群で高率であった, これに比し, 2型糖尿病群では頸動脈IMT肥厚群と非肥厚群間の各危険因子の保有差およびプラーク形成もほぼ同率で差を認めなかった. しかし, 糖尿病患者では危険因子の有無にかかわらず, 頸動脈IMTの肥厚やプラーク形成が認められることから, 動脈硬化のスクリーニングとして頸動脈超音波検査が有用であると考えられた.

Journal

  • Journal of the Japan Diabetes Society

    Journal of the Japan Diabetes Society 45(5), 339-344, 2002-05-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

References:  9

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008700864
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    025094242
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top