静岡県で1998年の非流行期と次期流行シーズンに分離されたB/Victoria/2/87系統に属するB型インフルエンザウイルスの疫学的解析 Epidemiologlcal Analysis of Influenza B Virus Belonging to B/Victoria/2/87 Lineage Isolated in Off-Season of 1998 and Late Epidemic Season in Shizuoka Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1998年6-7月のインフルエンザ非流行期に, 静岡県内の学校でB/Victoria/2/87系統に属するB型インフルエンザウイルスによる集団発生があり, その後の流行期においても同系統のB型ウイルスによる流行が主流を占めた. この流行要因として, 学童年齢において同系統のB型ウイルスに対する抗体保有率が極めて低かったことが考えられた.<BR>また, 非流行期に分離されたヘラルドウイルスとそれに続く流行期に分離された流行ウイルスとの関係を調べた. 抗原解析では両者の抗原性がほとんど一致し, ヘラルド株が次シーズンの流行ウイルスの親株となったように推察された. しかし, 遺伝子解析の結果からヘラルド株は次シーズンの流行ウイルスの親株ではないことが明らかとなり, ヘラルドウイルスが必ずしも次シーズンの流行ウイルスの親ウイルスになり得ない場合もあることを示した.

In Shizuoka Prefecture, influenza B viruses belonging to B/Victoria/2/87 lineage caused an outbreak among school children in the off-season of 1998, and the same B viruses were mainly isolated during the following epidemic. Low titer of HI antibody among children for influenza B virus belonging to the same lineage was a recognized factor in the causation of the distinctive epidemic. The herald virus strains seemed to be antigenically similar to the late epidemic virus strains, but the former strains were not genetically close to the latter. This indicates that the herald viruses are not always the parental viruses for the following influenza season.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 74(5), 481-485, 2000-05-20

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008707174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    5421245
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ