感染細胞抗原を用いたELISAによる性器ヘルペス患者 : 血清抗体の型特異性の検討 Type-Specificity of Serum Antibodies from Genital Herpes Patients as Determined by an Enzyme-Linked Immunosorbent Assay Using HSV-Infected Cells as Antigens

この論文をさがす

著者

    • 井上 栄 INOUYE Sakae
    • 国立予防衛生研究所感染症疫学部 Department of Epidemiology, the National Institute of Health
    • 川名 尚 KAWANA Takashi
    • 東京大学医学部附属病院分院産婦人科 Department of Obstetrics & Gynecolog. Tokyo University Branch Hospital

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 69(7), 785-789, 1995-07-20

    日本感染症学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008726684
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    3631683
  • NDL 刊行物分類
    SC191(感染症)
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ