非アルコール性脂肪肝炎の発症機構とPPAR  [in Japanese] Mechanism of the onset and development of nonalcoholic steatohepatitis and PPAR  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 田中 直樹 TANAKA Naoki
    • 信州大学医学部加齢適応研究センター加齢生化学分野 Department of Aging Biochemistry, Research Center on Aging and Adaptation, Shinshu University School of Medicine.
    • 青山 俊文 AOYAMA Toshifumi
    • 信州大学医学部加齢適応研究センター加齢化学分野 Department of Aging Biochemistry, Research Center on Aging and Adaptation, Shinshu University School of Medicine.

Abstract

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)は,アルコール摂取歴がないにもかかわらず脂肪肝から肝炎,肝硬変に至る疾患であり,肥満やインスリン抵抗性,脂質代謝異常を背景に発症することが多い.NASHの病因として酸化ストレスによる脂質過酸化やサイトカイン,高インスリン血症などが想定されているが,その発症機構は複雑でいまだ不明な点が多い.ペルオキシソーム受容体増殖剤受容体(PPAR)は肝臓の脂肪酸代謝の大部分を制御している核内受容体であるが,炎症抑制や酸化ストレスの軽減にも関与していることが判明してきた.本稿では脂肪肝発症におけるPPARの役割を述べ,脂肪肝からNASHへの進展機構とPPARとの関連を考察したい.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 563-569, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  24

Codes

Page Top