直接心膜浸潤し心タンポナーデを来した胃癌の1例  [in Japanese] A case of cardiac tamponade induced by direct cardiac invasion of a gastric cancer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は58歳,男性.上腹部痛を主訴に当科外来を受診した,上部消化管内視鏡検査で胃癌と診断し,精査加療目的で入院した.第20病日に急激な呼吸困難,血圧低下で心タンポナーデで発症し,心嚢ドレナージ術を施行したが,第51病日に死亡した.病理解剖では,胃癌が横隔膜を介して心膜へ直接浸潤していた.胃癌による心臓転移はまれであるが,心タンポナーデの可能性も念頭におく必要があると考えられた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 600-604, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  18

Cited by:  1

Codes

Page Top