虫垂間膜に発生した腸間膜脂肪織炎の1例  [in Japanese] A case report of mesenteric panniculitis of vermiform appendix  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は51歳の男性.右下腹部の直径約5cm大の弾性硬の有痛性腫瘤を主訴に当科受診した.内視鏡では虫垂開口部周囲の盲腸粘膜の腫脹があり,生検で非特異的炎症所見を認めた.注腸造影では,腫瘤は虫垂と回腸末端部の間に位置し,回腸側への癒着も疑われた.CTでは斑状に造影される回盲部腫瘤を認めた,第一に炎症性変化を考え,抗生剤を投与したが,腫瘍は縮小しなかった.確定診断は得られなかったが,悪性腫瘍を否定できないため回盲部切除術を施行した.虫垂間膜に一部脂肪壊死をともなう炎症性細胞浸潤と線維化を認め,腸間膜脂肪織炎と診断した.虫垂間膜脂肪織炎のきわめてまれな1例と思われた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 605-609, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  10

Cited by:  2

Codes

Page Top