Blind loop に発生した多発性潰瘍による腸管皮膚瘻の1例  [in Japanese] A case of enterocutaneous fistula due to multiple intestinal ulcers in the blind loop  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は51歳男性.11歳時に虫垂切除,14歳時に腸閉塞にてバイパス手術の既往歴がある.昭和63年,右下腹部痛と黒色便を主訴に来院し,blind loopを指摘されるも放置.平成7年に腹部腫瘤を認め,同10年に同部から膿汁分泌を認めたため入院となった.各種画像検査にてblind loopとなった回腸の拡張と,同部との皮膚瘻が疑われた.手術所見では,回腸は嚢胞状に拡張し内腔に多発性潰瘍を認め,腹壁と膀胱に穿通していた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 610-614, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  10

Cited by:  1

Codes

Page Top