多発するびらん様微小陥凹病変を呈した転移性大腸 : 印環細胞癌の1例  [in Japanese] Colonic metastases of signet-ring cell carcinoma presenting as multiple small depressed lesions like erosions : report of a case  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は67歳,男性.61歳時の胃印環細胞癌に対する幽門側胃切除術後6年目の定期検査で,残胃再発および大腸に多発性転移巣を認め,残胃全摘・結腸亜全摘術が施行された.大腸転移巣は盲腸からS状結腸まで40箇所以上に多発するびらんようないしIIc様微小病変を呈し,組織学的には印環細胞癌がほぼ粘膜内に限局し,著明なリンパ管侵襲およびリンパ節転移を認めた.本症例の大腸転移巣像は極めてまれであり,その発見には内視鏡検査が有用と考えられた.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 615-621, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  10

Cited by:  1

Codes

Page Top