顆粒球吸着療法が効果を示した回盲部単純性潰瘍の1例  [in Japanese] A case report of simple ulcer at ileocecal lesion treated effectively by granulocyte apheresis therapy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は48歳男性.便潜血陽性の精査のため全大腸内視鏡検査を施行したところ,回盲部単純性潰瘍を認めた.本病変に対して,インフォームドコンセントのもと,顆粒球吸着療法(週1回×5週)を行い,潰瘍の速やかな瘢痕・縮小化を確認しえた.治療に難渋することの多い単純性潰瘍に対して,今後検討すべき治療法の1つと考えられる.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 622-625, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  9

Cited by:  2

Codes

Page Top