胆嚢壁内嚢胞の1例  [in Japanese] A case of the cyst of the gallbladder  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は69歳男性.C型慢性肝炎の経過観察中にCTで胆嚢壁肥厚を指摘された.胆嚢腺筋腫症の診断で経過観察されていたが,胆石発作を機に再検査を行ったところ,胆嚢底部に粘膜下腫瘍様の形態を示す病変が発見され,腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った.摘出標本では胆嚢壁内に内腔に結石を有する嚢胞を認めた.病理組織学的には胆嚢腺筋腫症を認めず,RASのみが拡張したと考えられる胆嚢壁内嚢胞であった.

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 99(6), 631-634, 2002-06-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  7

Codes

Page Top