受信・発信メディアに対する児童の先有知覚に関する研究  [in Japanese] A Study of Learner's Preconceptions to Communication Media  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

受信・発信メディアに対する先有知覚に影響を及ぼす要因として「マルチメディア利用経験」を取り上げ,好みと難しさの次元について比較した.結果として, ①経験群の児童は,受信・発信メディア活動に対する峻別がより明瞭にできる. ②未経験群においては,受信のマルチメディアを「好み,難しくない」と知覚しているが,経験群においては「好むが,難しい」と知覚しており,ギャップがある. ③経験群,未経験群とも,受信・発信の好みと難しさ等において明瞭な相関関係が見られる,といったことが示唆された.

Journal

  • Japan journal of educational technology

    Japan journal of educational technology 23, 85-88, 1999-08-20

    日本教育工学会

References:  4

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008775490
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00368220
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03855236
  • NDL Article ID
    4941212
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-904
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR 
Page Top