有機顔料の表面改質による着色プラスチック材の収縮抑制 Surface Modification of Organic Pigments for the Suppression of Mold Shrinkage in Colored Plastics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高密度ポリエチレン (HDPE) における着色プラスチック材の成形収縮を有機顔料の表面改質により抑制する方法について検討した。フタルイミドメチル誘導体を顔料に添加すると成形収縮を抑制する効果が認められたが, これらの誘導体はHDPEに溶解し耐熱性や耐移行性を悪化させることがわかった。この欠点を除去するためHDPEに不溶なエステル基 (RCOOCH<SUB>2-</SUB>) や塩素化フタルイミドメチル基で置換した顔料誘導体を合成し, 効果の改善をはかった。これら顔料誘導体は単に顔料に添加した系では抑制効果は小さいが, アシッドペースティングのように分子レベルで顔料に固溶化させると良好な効果が得られた。同種の効果はフタルイミドメチル (塩素化物も含む) ばかりでなくエステル系の顔料誘導体でも確認され, 顔料誘導体が広くこの分野で応用できる端緒が開かれた。また, 顔料とより近似の骨格をもつ誘導体が収縮抑制に有効であることから, 誘導体分子が相溶的に顔料表面に吸着し, 成形収縮を誘起する表面を不活性化しているものと考えられる。

Suppression of the mold shrinkage in colored HDPE (high-density polyethylene) systems was investigated from the standpoint of pigment-surface modification using pigment analogues. Phthalimidomethyl derivatives were found to be quite effective in suppressing the mold shrinkage. However they were found soluble in HDPE, which brings poor heat stability and undesirable bleeding. On the other hand, insoluble derivatives such as tetrachlorophthalimidomethyl- or RCOOCH<SUB>2</SUB>-substituted phthalocyanines exhibited an excellent suppression effect when they were introduced in to pigments by acid-pasting. On the contrary, the effect was quite small when they were mixed with pigments in powdery form. On the basis of the above results, the surface modification in molecular level by acid-pasting was concluded to be the determinant factor for the suppression of the mold shrinkage in colored HDPE.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 75(6), 267-275, 2002-06-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

  • <no title>

    鈴木茂

    色材 74, 379, 2001

    被引用文献1件

  • 有機顔料の表面処理

    中村 孝治

    色材協會誌 72(4), 238-245, 1999-04-20

    J-STAGE 参考文献40件 被引用文献1件

  • <no title>

    特開昭50-44247

    被引用文献1件

  • <no title>

    特許第113053号

    被引用文献1件

  • <no title>

    特開昭53-143645

    被引用文献1件

  • <no title>

    特開昭51-91954

    被引用文献1件

  • <no title>

    特公昭59-7733

    被引用文献1件

  • <no title>

    特許第165558号

    被引用文献1件

  • <no title>

    特開昭53-143646

    被引用文献1件

  • <no title>

    特開昭61-57855

    被引用文献1件

  • <no title>

    BECK H. N.

    J. Appl. Polym. Sci. 9, 2131, 1965

    被引用文献3件

  • <no title>

    BECK H. N.

    J. Appl. Polym. Sci. 11, 673, 1967

    被引用文献1件

  • <no title>

    BINSBERGEN F. L.

    Polymer 11, 253, 1970

    被引用文献2件

  • <no title>

    BINSBERGEN F. L.

    Polymer 11, 309, 1970

    被引用文献3件

  • <no title>

    BINSBERGEN F. L.

    J. Polym. Sci., Polym. Phys. Ed. 11, 117, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    IKEDA K.

    Polym. J. 1, 600, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    池田潔

    高分子論文集 44, 539, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    U. S. P., 2, 855, 403

    被引用文献1件

  • <no title>

    特許第110680号

    被引用文献1件

  • <no title>

    HERBST W.

    Industrial Organic Pigments 70, 1993

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008805810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    6197562
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ