失敗知識活用研究会の活動および失敗知識データベースの構築について  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p><tt><b>文部科学大臣の私的懇談会である失敗知識活用研究会(会長:佐藤文夫(株)東芝相談役)は,実際の失敗事例の報告に基づき,失敗経験を積極的に活用することの意義,問題点および活用方策等についての検討を実施,報告書を取りまとめた(平成13年8月).当該報告書の提言は,科学技術振興事業団が実施している「失敗知識データベース」の構築に反映されている.これまでに機械,材料,化学物質・プラント,建設の4分野それぞれにおいて,数百の事例の収集,分析,知識化等を実施しており,本年 </b></tt><tt><b>度中に公開の予定である. </b></tt></p>

Journal

  • Journal of Japan Society for Safety Enginennring

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 41(3), 142-147, 2002-06-15

    Japan Soceiety for Safety Engineering

References:  2

  • <no title>

    UTTERBACK J. M.

    Mastering the Dynamics of Innovation, 1994

    Cited by (4)

  • <no title>

    畑村洋太郎

    失敗学のすすめ, 2000

    Cited by (18)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008806003
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00012812
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL Article ID
    6189508
  • NDL Source Classification
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL Call No.
    Z14-16
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top