タンパープルーフ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 深谷 潔
    • 独立行政法人産業安全研究所境界領域・人間科学安全研究グループ

抄録

<p><tt><b>タンパープルーフの言葉の意味,すなわち,タンパー(「いじくる」,「改ざんする」)することができないということを説明した.また,日常生活や,産業現場におけるタンパープルーフの事例およびタンパー行為による産業災害の事例を紹介し,これらの事例に見られるタンパープルーフの手法を類型化し た. ここで,いじくる対象をシステムと考えると,タンパー行為は意図的な不。正行為と考えることができ,不安全行動はエラーかタンパーと見なせる.この観点から,建設現場のタンパープルーフの事例を </b></tt><tt><b>検討した. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(3), 170-176, 2002-06-15

    安全工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008806030
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6189536
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ