表層表現による日本語動詞句のアスペクトの推定  [in Japanese] An Estimate of Aspect of Japanese Verb Phrases from Surface Expressions  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 大石 亨 OISHI Akira
    • 奈良先端技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science,Nara Institute of Science and Technology
    • 松本 裕治 MATSUMOTO Yuji
    • 奈良先端技術大学院大学情報科学研究科 Graduate School of Information Science,Nara Institute of Science and Technology

Abstract

日本語のアスペクトの研究は, 継続相, 完成相というような分類とそれぞれの意味を記述していく段階から, 副詞的成分などの関わりを含め, アスペクト的な意味の決まり方のプロセスを整理する方向へと発展してきている. 本稿では, アスペクト形式や副詞句の意味を時間軸におけるズーミングや焦点化といった認知的プロセスを表示するものとしてとらえ, 動詞句の意味に対する動的な操作であると考える. その上で, 動詞句の意味をコーパスに現れた表層表現から推定し, 素性構造として表現する. 実験の結果得られた動詞句の分類を評価するために, 最も基本的なアスペクトの形態である「シテイル」形の意味を自動的に決定する処理を行なった. 200文における正解率は71%であった. これらの情報は, 動詞句のアスペクト的な意味のあり方の類型を与えるだけではなく, 文間の関係をとらえる際の手がかりを提供するものであると考える.

The study on aspect in Japanese has evolved from the description of the meaning for each type such as “progressive” or “perfective” into the process of the determination of the aspectual meaning including adverbial phrases etc. In this paper, we consider the meaning of the aspectual markers or adverbs as the indicator of the cognitive process like “zooming” or “focusing” on the time-line and define them as the dynamic operations on the meaning of the verb phrases.We estimate the aspectual meaning of verbs from surface expressions in a corpus and represent them as a bundle of features.To evaluate the result of the experiment, we examined the meaning of <I>si-teiru</I> which is one of the most fundamental aspectual markers, and obtained the correct recognition score of 71% for the 200 sentences.

Journal

  • Journal of Natural Language Processing

    Journal of Natural Language Processing 4(4), 41-60, 1997-10-10

    The Association for Natural Language Processing

References:  22

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008827376
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10472659
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13407619
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top