正角丸の新簡易展開法 A New Method of Development of a Transition Having a Square Section and a Circle Section

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 角丸のうち, 平面図上で4等分した円と正方形がすべて同形で, 立面図の上下が平行な角丸の展開法について研究したものである.この形体の展開図の曲線部分を等分し, その一部を円弧とみなせば, 展開図の中心点を求めることにより, 従来の三角形法に比較すると, 容易に作図することができる.本論分では, 円弧の描き方と中心点の求め方について述べているが, 簡単な数式により, 作図の線上に三つの点を求めるだけで展開図を描くことができる.

収録刊行物

  • 図学研究

    図学研究 36(2), 9-12, 2002-06-01

    日本図学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008837200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00125240
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03875512
  • NDL 記事登録ID
    6209169
  • NDL 雑誌分類
    ZM1(科学技術--科学技術一般)
  • NDL 請求記号
    Z14-457
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ