高分子凝集剤の開発と今後の展望  [in Japanese] Perspective of Polymeric Flocculants  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

高分子凝集剤は,水環境の保全に欠かすことのできない機能剤として広く使用されている。従来から使われているアクリルアミド(共)重合体系の凝集剤に加え,近年開発された両性型やアミジン型高分子は凝集剤として特異な性能を発するとして注目されている。また,高分子凝集剤の新たな用途として浄水処理への適用が期待されている。ここでは,高分子凝集剤の特性と最近の技術および今後の展望を紹介する。

Journal

  • Kobunshi

    Kobunshi 51(7), 504-507, 2002-07-01

    The Society of Polymer Science, Japan

References:  9

  • <no title>

    高分子学会編

    高分子処理剤, 1976

    Cited by (1)

  • <no title>

    シーエムシー編

    新水溶性高分子の最新技術, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    シーエムシー編

    水処理 水浄化の最新市場, 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    川口春馬

    高分子 35, 972, 1986

    Cited by (1)

  • <no title>

    特許第2138609号

    Cited by (1)

  • <no title>

    特許第2038341号

    Cited by (1)

  • <no title>

    特開平5-192513

    Cited by (1)

  • <no title>

    水道技術開発センター

    高効率浄水技術開発研究セミナーテキスト

    Cited by (1)

  • <no title>

    高分子凝集剤懇話会編

    ポリアクリルアミド系高分子凝集剤の安全性について

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008851938
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00084926
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL Article ID
    6207811
  • NDL Source Classification
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-90
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top