ロシア余剰核兵器解体プルトニウム処分協力 : バイパックMOX燃料を用いた燃焼処分技術の現状  [in Japanese] The Current Status of Collaboration with Russian Institutes for Russian Surplus Weapons Plutonium Disposition  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 冷戦が終わり, 核軍縮が進展する中で蓄積される兵器級プルトニウムの管理・処分が, 国際的課題となっている。昨年来の米国ブッシュ政権の対ロシア政策の見直しにおいても, 同時多発テロの影響などから, 兵器級プルトニウムの管理・処分は, 優先的課題と位置付けられた。核燃料サイクル開発機構は, ロシアの余剰核兵器解体プルトニウム処分に協力するとともに, 得られた成果を高速炉の開発に利用する目的で, 1999年から解体プルトニウムを振動充填 (バイパック) 法によってMOX燃料としBN-600で燃焼処分する「BN-600バイパック燃料オプション」について, ロシア原子力省傘下の複数の研究機関と共同研究を実施している。本稿では, ロシアの解体プルトニウム処分に関わる国際的な協力の状況について概説するとともに, サイクル機構とロシアとの共同研究の現状について述べる。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan 44(6), 473-480, 2002-06-30

    Atomic Energy Society of Japan

References:  20

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008852038
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00047120
  • NDL Article ID
    6191757
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top