Beauty of Singularity : 境界要素法に魅せられて20年  [in Japanese] Fascinated for Twenty Years with the Boudary Element Method : the Beauty of Singularity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> およそ20年にわたる「境界要素法の中性子拡散問題への適用に関する理論的研究」により, 平成13年度の日本原子力学会賞・学術業績賞を受賞しました。本稿では, 研究の端緒から今日に至るまでを振り返るとともに, 中性子拡散方程式がどのようにして境界積分のみによる表現に変換されるのかを, 特に多重相反法の考え方を中心として, 1群モデルに限定した平易な解説を試みます。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan 44(6), 481-484, 2002-06-30

    Atomic Energy Society of Japan

References:  20

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008852059
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    OTR
  • ISSN
    00047120
  • NDL Article ID
    6191761
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top