電機メスを活用した耳下腺手術  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

耳下腺良性腫瘍に対しては一般に葉切除術あるいは葉部分切除術が行われている.本手術では顔面神経を安全, 確実に保護することが最も大切であるが, 顔面神経は腺実質内を走行しるため, 剥離するときに出血に悩まされることが多い.そこで, 電気メスで腺実質を切離することで, 出血を減らし, きれいな術野を確保することで, より早く, より安全な手術を施行している.電気メス切離のとき顔面神経は, 非電導の神経鈎や神経保護ヘラを用いて保護している.術後顔面神経一時麻痺の頻度および回復までの期間を検討したところ, 電気メスを用いない報告と大差がなく, 電気メスが悪影響を及ぼしていることはなかった.

Journal

  • Stomato-pharyngology

    Stomato-pharyngology 13(2), 293-296, 2001-02-28

    Japan Society of Stomato-pharyngology

References:  9

Cited by:  5

Codes

Page Top