アークプラズマによる炭素クラスター類の合成と応用  [in Japanese] Production of carbon clusters by means of arc discharge and their applications  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

球殻状炭素クラスター,フラーレンは,1990年の大量合成の成功以来,爆発的にその物理化学的性質や応用が研究されてきた.大気中で安定であること,豊富な炭素原料から比較的容易に合成できること,環境への負荷が小さいことなどで,今後の新材料としての利用が期待される.高次フラーレン,金属内包フラーレン,内包力プセル,さらに炭素ナノチューブなどの炭素クラスターは,アーク放電を中心とした方法で大量合成される.フラーレン類が新材料として社会で普及するためには,製造コストの低減が必要である.

Journal

  • OYOBUTURI

    OYOBUTURI 70(4), 405-410, 2001-04-10

    The Japan Society of Applied Physics

References:  66

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008980745
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00026679
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    03698009
  • NDL Article ID
    5730315
  • NDL Source Classification
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL Call No.
    Z15-243
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top