近接場光学顕微鏡による空間分解分光法の進展  [in Japanese] Advances in spatially resolved spectroscopy using near-field scanning optical microscopy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近接場光学顕微鏡システムとそれを利用した空聞分解分光技術の最近の進展を概観する,特に,近接場プ日一ブ作製技術の進歩に伴い,高分解能化と高感度化の両立が実現し,分光計測への応用が以前よりも容易になりつつある.ここでは,最も基本的な発光分光に始まり,パルスレーザーとの組み舎わせによる時間分解分光や非線形分光,偏光惰報の取得,感度の観点から最も難しいラマン分光などの測定例を紹介する.これらは,近接場分光技術が利用価値の高い計測技術として,まさに成熟しつつあることを承している.

Journal

  • OYOBUTURI

    OYOBUTURI 70(6), 653-659, 2001-06-10

    The Japan Society of Applied Physics

References:  58

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008981154
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00026679
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03698009
  • NDL Article ID
    5783852
  • NDL Source Classification
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL Call No.
    Z15-243
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top