超臨界流体を用いる廃棄物処理とリサイクル技術  [in Japanese] Waste treatment and recycling using supercritical fluids  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,環境に優しい技術として水やアルコールなどの超臨界流体を用いた生産技術や環境保全技術が注目されている.本稿では, (1) 超臨界流体のユニークな性質, (2) 有害物質の処理への応用例として・超臨界水を用いたダイオキシン類とPCBの無蜜化, (3) 廃プラスチックの再資源化への応用例として,超臨界メタノールによるPETのモノマー化,超臨界水による炭素繊維強化プラスチックの分別・回収,亜臨界水による臭素含有難燃型樹脂の分解・脱奥素および多層フィルムの分別・回収について説明する.

Journal

  • OYOBUTURI

    OYOBUTURI 70(7), 842-846, 2001-07-10

    The Japan Society of Applied Physics

References:  10

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10008981611
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00026679
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03698009
  • NDL Article ID
    5829542
  • NDL Source Classification
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL Call No.
    Z15-243
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top