2項比率差に関する歪度修正信頼区間計算アルゴリズム : 2群比較 : 層別解析の設定において  [in Japanese] Calculation of the Confidence Interval with Skewness Correction for the Difference of Two Binomial Probabilities : In the Situation of a Subgroup Analysis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

臨床試験第III相では新たな被験薬を標準薬と比較し,有効率が劣らないという非劣等性の検証を求められることが多い.それは通常の仮説検定の論理では扱えず,ハンディキャップ検定方式や信頼区間方式が提案されている(例えば,広津(1986, 1995)参照).本論文ではとくに2項比率差に関し歪度修正信頼区間計算プログラムを得,その統計的特性を素朴な信頼区間方式,及びハンディキャップ検定方式と比較した結果を報告する.さらに簡便な例数設計方式の結果を,この信頼区間方式に適用した場合に,所与の検出力が実用上十分な精度で実現されることをシミュレーションにより確認したので報告する.

Journal

  • Ouyou toukeigaku

    Ouyou toukeigaku 26(2), 83-97, 1997-12-20

    Japanese Society of Applied Statistics

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10009668760
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00330942
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    02850370
  • NDL Article ID
    4365292
  • NDL Source Classification
    ZM31(科学技術--数学)
  • NDL Call No.
    Z15-401
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top