イワシタンパク質由来ペプチドならびにValyl-Tyrosineの降圧作用 : 高血圧自然発症ラットに対する効果  [in Japanese] Antihypertensive Effect of Sardine Peptide and Valyl-Tyrosine in Spontaneously Hypertensive Rats  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

Y-2, VYおよびMIXのSHRにおける降圧作用を検討した。<br>単回経口試験では, Y-2を10, 100および1,000mg/kg投与すると, 投与4時間後に投与前に比して血圧が有意に低下した。Y-2の降圧作用は10~1,000mg/kg投与量の範囲では用量依存性を示さなかった。VYを1mg/kgおよび10mg/kg投与すると投与2時間後から血圧は用量依存的な傾向で低下を示し, 投与8時間後にコントロール群に比して, 有意に血圧は低下した。MIXを10mg/kg投与すると投与6時間後に投与前に比して血圧は有意に低下した。心拍数, 体重はすべての投与群でコントロール群に比して有意差はなかった。<br>連続試験では, Y-2を1,000mg/kg投与すると投与7日後にコントロール群に比して血圧が有意に低下した。VYを10mg/kg投与すると投与4日後に投与前およびコントロール群に比して血圧が有意に低下した。MIXを10mg/kg投与すると投与7日後および10日後にそれぞれコントロール群および投与前に比して血圧が有意に低下した。投与休止5日後もY-2, VYおよびMIXはそれぞれ有意な血圧低下作用を示した。心拍数, 体重はすべての投与群でコントロール群に比して有意差はなかった。<br>以上, Y-2, VYおよびMIXはSHRにおいて経口投与で降圧作用を示すこと, 連続投与時の降圧作用に耐性を生じないこと, 投与休止後も降圧作用がある程度持続することが明らかとなった。

The antihypertensive effect of peptides (Y-2) derived from sardine, valyl-tyrosine and -mixture (MIX) of four dipeptides having angiotensin converting enzyme inhibitory activity was studied in spontaneously hypertensive rats (SHR). 1) Single oral administration of Y-2, valyl-tyrosine and MIX lowered the systolic blood pressure in SHR, and its minimum effective doses were 10, 1, and 10mg/kg, respectively. These effects lasted for 8h after administration. The hypotensive potency of valyl-tyrosine was greater than those of Y-2 and MIX. Valyl-tyrosine (1 and 10mg/kg) lowered the blood pressure dose-dependently. 2) When 1000, 10, and 10mg of Y-2, valyl-tyrosine and MIX, respectively, were administered orally to the SHR twice a day for 10 consecutive days, any of the regimens decreased systolic blood pressure significantly, and the decrement of systolic blood pressure continued for 5 days thereafter. These results indicate that either Y-2, valyl-tyrosine or MIX can exert a potent and long-lasting antihypertensive effect in SHR.

Journal

  • Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi

    Nippon Eiyo Shokuryo Gakkaishi 52(5), 271-277, 1999-10-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

References:  32

Cited by:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10009713643
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00311992
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02873516
  • NDL Article ID
    4901480
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-53
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top