企業での技術開発を模擬したものづくり教育の試み Production education trial simulating product development of a manufacturing company

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は苫小牧工業高等専門学校の機械工学科第5学年を対象として企画し,実施した企業での技術開発を模擬した授業プロジェクトの事例報告である.本プロジェクトの目的は,企業型のスキルと創造性を実践してもらい,卒業した後の学生達が円滑に企業社会で活躍できるようにすることにある.また,プロジェクトの特徴としては,スケジュールの作成および管理,自他の企画や技術の評価などを可能な限り学生の自主性に任せて運営していることにある.本プロジェクトを通した結果から,授業編成を含めたこれからの創造教育の提案を行い,さらに指導する側に必要であると考えられるスキルについて述べる.

This paper is the case report of the trial lesson project which planned for the 5th grade students of mechanical engineering department of Tomakomai National College of Technology. The trial lesson simulates the technical development in the company which carried out. The target of this project is having students learn the fundamental skill as technology companies. There are the following features in the engineering education stated in this paper. (1)Students take the lead and manage a lesson. (2)A lesson progresses by information dispatch from a student side. From the result of this project, the improving point of the curriculum of this department of school mechanical engineering is guessed.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 50(3), 49-56, 2002-05-20

    公益社団法人 日本工学教育協会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10009987285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ