プレゼンテーションの実施によるアウトカムズ評価の新しい試み  [in Japanese] A New Trial of Outcomes Assessment Based on Presentation Practice  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では新しく開発したプレゼンテーションによるアウトカムズ評価の方法を紹介する.この評価では,教師のみならず学生も評価に加わる.評価項目として,プレゼンテーションの内容およびプレゼンテーションの技法のそれぞれについて数項目を設定した.プレゼンテーション評価によって,表現力は向上し,また,評価能力も経験を重ねることによって高揚することが明らかになった.創成科目である「創造演習」,「創造実習」および「卒業研究」について実施した結果を紹介する.

Outcomes assessment based on presentation practice is newly schemed out in this paper. In this assessment, not only teachers but students contribute to the evaluation of a few items concerning both the substance and the skill of presentation. Practicing the presentation assessment steadily enhanced the ability of students' presentation and their ability of assessment. This paper intro duces examples of the results taken from the design courses of "Practice of Elementary Creation", "Creation Laboratory" and "Graduation Thesis".

Journal

  • Journal of JSEE

    Journal of JSEE 50(5), 47-53, 2002-09-20

    Japanese Society for Engineering Education

References:  5

  • <no title>

    8大学工学部長懇談会 工学教育プロフラム実施検討委員会

    新しい工学教育プログラムわが国の21世紀発展の鍵(パンフレット), 2000

    Cited by (1)

  • <no title>

    工学教育プログラム実施検討委員会

    平成11 12年度工学教育プログラム実施検討委員会報告 1, 2001

    Cited by (1)

  • <no title>

    工学教育プログラム評価分科会

    工学教育プログラム評価分科会報告 25, 1999

    Cited by (1)

  • <no title>

    三宅章彦

    統計学 11, 1997

    Cited by (1)

  • <no title>

    英崇夫

    工学教育プログラム改革推進委員会主催工学教育プログラム改革推進研究発表会予稿集 9, 2001

    Cited by (2)

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10009987574
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10486063
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13412167
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top