原子炉施設の廃止措置計画の策定および管理システムの開発  [in Japanese] Development of Computer Systems for Planning and Management of Reactor Decommissioning  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 日本原子力研究所で10年以上にわたって進められた動力試験炉 (JPDR) の解体撤去では, 作業に要した人工数, 作業者被ばく線量, 廃棄物発生量, 適用した装置の性能等のデータを収集してその分析を行い, また, それらのデータや作業経験を将来の廃止措置に反映する方法について検討を進め, 原子炉施設の廃止措置計画の策定および管理システムを開発しました。これらの成果に対して, 「第34回 (平成13年度) 日本原子力学会賞」特賞が授与されました。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan 44(10), 734-737, 2002-10-30

    Atomic Energy Society of Japan

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10010021733
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    00047120
  • NDL Article ID
    6338181
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top