新しい核熱エネルギー変換技術を求めて : カルノーサイクルからの脱却  [in Japanese] Aspire after Advanced Thermo Nuclear Energy Conversion Technology  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 高温ガス炉から取り出した850~950℃の高温ヘリウムガスを閉サイクルガスタービンで発電に利用することにより, 50%近い高熱効率での発電が期待できる。熱を有効に利用することは, 核燃料の節約と同時に, 放射性廃棄物量や温排熱量の低減につながるので, 地球環境にやさしい原子力発電システムであるといえる。そのために必要な高性能再生熱交換器の開発に取り組み, 実機製作技術を確立した著者らに対し, 第34回 (平成13年度) 日本原子力学会賞技術賞が授与された。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan 44(12), 879-881, 2002-12-30

    Atomic Energy Society of Japan

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10010444478
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    OTR
  • ISSN
    00047120
  • NDL Article ID
    6413063
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top