幼若永久歯の総合的研究 : 萌出程度, 歯の異常, 歯列・咬合  [in Japanese] A Transverse Investigation into the Imature Permanent Teeth of Japanese Children : Degree of Eruption, Developmental Disuturbance of Tooth Structure, and the Pattern of Occlusion  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 長坂 信夫 NAGASAKA Nobuo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 岡田 臨三 OKADA Rinzo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 粟根 佐穂里 AWANE Saori
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 松下 愛 MATSUSHITA Ai
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 三浦 一生 MIURA Kazuo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 五十嵐 清治 IGARASHI Seiji
    • 北海道医療大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Health Science University of Hokkaido
    • 甘利 英一 AMARI Eiichi
    • 岩手医科大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Iwate Medical University
    • 佐藤 博 SATOH Hiroshi
    • 奥羽大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry,Ohu University School of Dentistry
    • 鈴木 康生 SUZUKI Yasuo
    • 奥羽大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry,Ohu University School of Dentistry
    • 野田 忠 NODA Tadashi
    • 新潟大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Niigata University
    • 下岡 正八 SHIMOOKA Shohachi
    • 日本歯科大学新潟歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, The Nippon Dental University School of Dentistry at Niigata
    • 五嶋 秀男 GOTO Hideo
    • 明海大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Meikai University School of Dentistry
    • 渡部 茂 WATANABE Shigeru
    • 明海大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Meikai University School of Dentistry
    • 栗原 洋一 KURIHARA Yoichi
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 前田 隆秀 MAEDA Takahide
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 小野 博志 ONO Hiroshi
    • 東京医科歯科大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Faculty of Dentistry, Tokyo, Medical and Dental University
    • 菊池 進 KIKUCHI Susumu
    • 日本歯科大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 佐々 竜二 SASA Ryuji
    • 昭和大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry,Showa University School of Dentistry
    • 大森 郁朗 OHMORI Ikuo
    • 鶴見大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Tsurumi University School of Dental Medicine
    • 黒須 一夫 KUROSU Kazuo
    • 愛知学院大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Aichi-Gakuen University
    • 西野 瑞穂 NISHINO Mizuho
    • 徳島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, The University of Tokushima School of Dentistry
    • 中田 稔 NAKATA Minoru
    • 九州大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Kyushu University Faculty of Dentistry
    • 後藤 譲治 GOTO George
    • 長崎大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Nagasaki University School of Dentistry
    • 小椋 正 OGURA Tadashi
    • 鹿児島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Kagoshima University Dental School

Abstract

幼若永久歯の保護と小児期の口腔健康管理法の確立を目的として、全国29大学歯学部小児歯科学講座および教室により、 5歳Oか月から16歳11か月までの男子2015名、女子2065名、計4080名の小児を対象として、萌出程度、歯の異常、歯列・咬合状態について調査集計し、以下の結果を得た。1)左右の同名歯の萌出程度は、全ての年齢で、男女ともに差が認められなかった。萌出程度の性差については女子の方が男子より早く萌出する傾向を認めた。男女ともに最も早く萌出する歯は下顎中切歯であり、第二小臼歯を除いて下顎が上顎同名歯に比べて早く萌出する傾向を認めた。2)歯質・形態異常が最も多く認められた歯は、男女ともに上顎側切歯であった。歯冠の白斑および白濁は、男女ともに上顎中切歯に最も多くみられ、下顎より上顎が高頻度である傾向を認めた。エナメル質減形成の発現頻度は、全ての歯種において1%以下であった。栓状歯および切歯盲孔は上顎側切歯に最も多くみられた。カラベリー結節は異常結節の中で最も出現する頻度が高かった。切歯結節・中心結節の出現する頻度は、全ての歯において1%以下であった。3)正常咬合以外のものの発現する頻度は、男女ともに叢生が最も高く、開咬が最も低い年齢が多かった。上顎前突は、女子より男子の方が多い傾向が認められ、ほぼ12歳まで発現頻度が高くなることが示唆された。反対岐合と開咬は男女ともに全ての年齢において10%以下であった。叢生は男子より女子の方が発現頻度が高く、早期に発現する傾向を認めた。

Journal

  • 小児歯科学雑誌

    小児歯科学雑誌 38(1), 1-13, 2000-03-25

    日本小児歯科学会

References:  24

Cited by:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10010636332
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116228
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    05831199
  • Data Source
    CJP  CJPref  IR 
Page Top