幼若永久歯の総合的研究 : 歯垢付着状態, 歯肉状態  [in Japanese] A Transverse Investigation into the Imature Permanent Teeth of Japanese Children : The State of Plaque Adherence and Gingivitis  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 長坂 信夫 NAGASAKA Nobuo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 岡田 臨三 OKADA Rinzo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 粟根 佐穂里 AWANE Saori
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 松下 愛 MATSUSHITA Ai
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 三浦 一生 MIURA Kazuo
    • 広島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Hiroshima University Faculty of Dentistry
    • 五十嵐 清治 IGARASHI Seiji
    • 北海道医療大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Health Science University of Hokkaido
    • 甘利 英一 AMARI Eiichi
    • 岩手医科大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Iwate Medical University
    • 佐藤 博 SATOH Hiroshi
    • 奥羽大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry,Ohu University School of Dentistry
    • 鈴木 康生 SUZUKI Yasuo
    • 奥羽大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry,Ohu University School of Dentistry
    • 野田 忠 NODA Tadashi
    • 新潟大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Niigata University
    • 下岡 正八 SHIMOOKA Shohachi
    • 日本歯科大学新潟歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, The Nippon Dental University School of Dentistry at Niigata
    • 五嶋 秀男 GOTO Hideo
    • 明海大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Meikai University School of Dentistry
    • 渡部 茂 WATANABE Shigeru
    • 明海大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Meikai University School of Dentistry
    • 栗原 洋一 KURIHARA Yoichi
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 前田 隆秀 MAEDA Takahide
    • 日本大学松戸歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Nihon University School of Dentistry at Matsudo
    • 小野 博志 ONO Hiroshi
    • 東京医科歯科大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Faculty of Dentistry, Tokyo, Medical and Dental University
    • 菊池 進 KIKUCHI Susumu
    • 日本歯科大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 佐々 竜二 SASA Ryuji
    • 昭和大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry,Showa University School of Dentistry
    • 大森 郁朗 OHMORI Ikuo
    • 鶴見大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Tsurumi University School of Dental Medicine
    • 黒須 一夫 KUROSU Kazuo
    • 愛知学院大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, School of Dentistry, Aichi-Gakuen University
    • 西野 瑞穂 NISHINO Mizuho
    • 徳島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, The University of Tokushima School of Dentistry
    • 中田 稔 NAKATA Minoru
    • 九州大学歯学部小児歯科学教室 Department of Pediatric Dentistry, Kyushu University Faculty of Dentistry
    • 後藤 譲治 GOTO George
    • 長崎大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Nagasaki University School of Dentistry
    • 小椋 正 OGURA Tadashi
    • 鹿児島大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry, Kagoshima University Dental School

Abstract

幼若永久歯の保護と小児期の口腔健康管理法の確立を目的として、全国29大学歯学部小児歯科学講座および教室により、 5歳Oか月から16歳11か月までの男子2015名、女子2065名、計4080名の小児を対象として、歯垢付着状態および歯肉状態について、年齢的および萌出程度別に萌出歯全てについて調査集計し、以下の結果を得た。 1)歯垢付着状態 上顎前歯は男女ともに増齢に伴い歯垢の付着のないもの(P1IO)の割合が減少する傾向が認められた。大白歯は男女ともに前歯および小臼歯よりもP1IOの割合が低い値を示す傾向にあった。また、 16歳時の上下顎全歯種で、 P1IOが最も低い値を示したものは、男女とも上顎第二大臼歯であった。男子より女子の方がP1I0の値が高い傾向にあった。男女ともに、萌出途中の方が萌出完了してからの歯よりも、 P1IOの値が小さい傾向にあった。 2)歯肉状態 上顎の前歯では、正常歯肉のもの(GIO)の割合は、男子は12歳時から16歳時の間で、増齢に伴い高い値を示す傾向にあったが、女子は12歳時から16歳時の間では類似した値を示した。大臼歯のGIOの割合は、全ての年齢において、類似した値を示し、男女間で差が認められない傾向にあった。 GIOの割合は、上顎は男女ともに小臼歯が前歯や大臼歯と比較して高い値を示し、下顎は前歯が低い値を示す傾向にあった。男女ともに犬歯において、萌出途上と萌出完了したものでGIOの値に差が認められる傾向があった

Journal

  • 小児歯科学雑誌

    小児歯科学雑誌 38(1), 30-46, 2000-03-25

    日本小児歯科学会

References:  7

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10010636367
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116228
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    05831199
  • Data Source
    CJP  CJPref  IR 
Page Top