自殺目的で塩酸ブホルミン大量内服後に乳酸アシドーシスおよび急性腎不全をきたした1例  [in Japanese] Case Reports : A Case of Lactic Acidosis and Acute Renal Failure Caused by Taking a Lot of Buformin for Suicide  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

37歳男性. 自殺目的にbuformin約6000mgを内服した. その後, 背部痛や胸痛, 口渇, 悪心がみられ受診した. ビグアナイド禁忌である基礎疾患は認めなかった. Buforminによる乳酸アシドーシスおよび急性腎不全と診断し, 緊急入院となった.来院時, 低血糖や低体温も認めた. Buforminの血中濃度は著明高値であった. アミラーゼ, アンモニア, 白血球数などの上昇も, 病態と並行して認めた. 大量補液や利尿剤などにて乳酸アシドーシスは改善傾向を示すも, 急性腎不全や高K血症は増悪したため緊急血液透析を施行し, 救命できた.

Journal

  • Journal of the Japan Diabetes Society

    Journal of the Japan Diabetes Society 46(4), 329-331, 2003-04-30

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

References:  8

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10010740345
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00166576
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL Article ID
    025094337
  • NDL Call No.
    Z19-401
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top