松くい虫防除薬剤散布による環境汚染の現状と課題  [in Japanese] Present Status and Problems for Environmental Pollution by Spraying Chemicals for control of pine sawyer beetles  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p><tt><b>1970年代に入ってわが国の松林では松がれ現象が各地で発生し始めた.この松がれがおもにマダラカミキリを媒体としたマツノガイセンチュウによるものと考えられ,このガイセンチュウを防除する目的で殺虫剤フェニトロチオンが大量に空中散布されている.そこで,散布されたフェニトロチオンの大</b></tt><tt><b>気,水,土壌環境等での汚染例を整理し,さらに松くい虫防除における課題をまとめて解説した。 </b></tt></p>

Journal

  • Journal of Japan Society for Safety Enginennring

    Journal of Japan Society for Safety Enginennring 42(3), 166-171, 2003-06-15

    Japan Soceiety for Safety Engineering

References:  49

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10011200952
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00012812
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL Article ID
    6618281
  • NDL Source Classification
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL Call No.
    Z14-16
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top