一般外科病棟での胃癌術後終末期における緩和ケアの検討 A clinical study of palliative treatment for cancer pain and uncontrolled symptoms in patients with recurrent gastric cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

〔目的〕 一般外科病棟での胃癌切除後終末期症例における鎮痛, 鎮静の現状と緩和ケアの問題点を検討した。<BR>〔対象と方法〕 胃癌切除後終末期として入院し, 死亡退院された59例を対象に, 緩和療法の鎮痛剤の種類, 投与方法, 投与量, また鎮静の施行の有無とその理由や内容について検討した。<BR>〔結果〕 非治癒因子あるいは再発因子確認から入院までの外来治療期間は0∼682日 (平均 ; 195.3日), 入院期間は1∼117日 (平均 ; 32.1日) であった。全例に非ステロイド性抗炎症薬が使用されていた。モルヒネ製剤使用は50例 (84.7%) であった。全例にほぼ十分な鎮痛効果が認められ, 重篤な副作用は認めなかった。33例 (55.9%) の症例で鎮静を行ったが, 28例が高度の全身倦怠感, 17例が不穏状態のためであった。<BR>〔結語〕 非ステロイド性抗炎症薬とモルヒネ製剤にて安全で, 十分な鎮痛が得られると考えられた。しかし, 約半数の症例で鎮静が必要であった。

We investigated the current status and problems of cancer pain relief, sedation for cancer pain and uncontrolled symptoms in patients with recurrent gastric cancer. The subjects of this study were 59 patients with recurrent gastric cancer undergoing palliative treatment in the Department of Surgery of our hospital. We retrospectively examined the modality of cancer pain relief, use of sedation and the reason for sedation. Outpatient treatment lasted 0-682 days (mean ; 195.3 days) and hospitalization 1-117 days(mean ; 32.1 days). Nonsteroidal antiinflammatory drugs were used for all patients. Morphine was administered to 50 patients (84.7%). Analgesic effects were seen in all patients. No servere adverse events occurred. Sedation was used in 33 (55.9%) for general fatigue (28) and/or restlessness (17). We concluded that analgesia was sufficient and safe with nonsteroidal antiphlogistic and pharmaceutical morphines, but about half of the cases required sedation.

収録刊行物

  • 日本農村医学会雑誌

    日本農村医学会雑誌 52(5), 817-822, 2004-01-30

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF RURAL MEDICINE

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012085005
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196216
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04682513
  • NDL 記事登録ID
    6850930
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-224
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ