大腿骨頚部骨折治療における治療成果の分析 An Analysis of Effects of Medical Treatment on Hip Fractures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 近年では長期入院の解消によるコスト削減を図るため,平均在院日数の短縮化が国の政策的課題になっている。平成14年4月の診療報酬改定でも,いわゆる急性期病院の平均在院日数要件は,従前の20日から17日以内になり,将来的に14日以内にまで短縮されることも検討されている。米国においても早期退院は政策的課題であり,特に診断群別定額払い方式(DRG)導入後,その傾向は強まっている。DRG導入前後に大腿骨骨折の入院患者について調査が行われたが,入院日数,入院中の理学療法の回数が減少した一方,機能回復度も低下したことが報告されている。我が国においても高齢化の進展に伴い大腿骨骨折の患者が増加している。しかし,大腿骨に関する費用効果分析では,早期退院が最優先されるため,完治して退院させることは次善の問題になっていると指摘されている。<br> 本論文では,大腿骨頚部骨折で入院し,人工骨頭置換術を行った患者のデータを用いて,在院日数が歩行能力に対してどのような影響を与えるかを順序プロビット・モデルによって実証的に検討した。さらに,在院日数以外にどのような因子が治療成果に影響を及ぼすのかについても検討した。その結果,在院日数は,歩行能力に正の影響を与えるが,影響の大きさは,患者の属性に依存した。また,歩行能力の改善に関連があると認められたのは,入院時歩行レベルの他,痴呆症状,術後感染症,退院先に関する変数であった。

In recent years, shortening of average length of stay (ALOS) became an important political issue in Japan to control medical expenses by reducing longterm hospitalization. Among (so-called) acute hospitals, the length of stay was shortened from 20 days to 17 days by the requirements of the ALOS of the Medical Care Payments Revision of Fiscal Year 2002. Moreover, it was considered to reduce the length of stay even to within 14 days. Leaving hospital earlier would make effective social rehabilitation possible for the young and middle aged in addition to the medical expense reduction. On the other hand, it might be desirable for the older generation to stay in the hospital for a longer period till the complete recovery.<br>In this paper, effects of medical treatment on hip fractures were analyzed by the ordered probit model. The influence of the length of stay in the hospital on the walking ability of patients was analyzed. Moreover, factors which might influence medical treatment effects were also analyzed in addition to the length of stay. The findings were: i) although the length of stay had a positive effect on walking ability, the effect depended on characteristics of patients, and ii) dementias, infections and place discharged to from hospital were important factors in addition to walking ability during hospitalization.

収録刊行物

  • 医療と社会

    医療と社会 13(3), 87-101, 2003-11-28

    The Health Care Science Institute

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012091308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10372213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09169202
  • NDL 記事登録ID
    6782614
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3523
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ